異世界

SF(少し・不条理)

がちゃっ 5

 がちゃっ 扉を開けて部屋へ入った僕を、たくさんの黄色い悲鳴が迎えた。 「あぁあっ! 生マラ様ァッ!!」 「生マラ様よォォォッ!」 そこにいるのは、たくさんの裸の女性達。もちろん、若い上に容姿端麗だ。 すがりつこうとす...
SF(少し・不条理)

がちゃっ 4

 がちゃっ…… 僕は、その部屋のドアを開けた。 薄暗く照明を落とした部屋に、彼女は、いた。 「…………」 ベッドの上に、並んで座る。 シーツとは違う白さをもった細い指が、ぼんわりと浮かび上がる。 「あっ……」 重ね...
SF(少し・不条理)

がちゃっ 3

「……そんな、急に言われても……」 「でしょうね。けど、唐突は承知の上よ」 「うー…………ん…………」 僕は、その『お願い』を聞いて、困惑という文字が目に見えるぐらいに顔をしかめた。 この世界では、さっき聞いた通り、男は、一定の...
SF(少し・不条理)

がちゃっ 2

「ちっくしょう……せっかくおいしい思いができると思ったのになあ……」 結局、さっきまでの生唾は、苦虫のエサにしかならなかった。僕は親の仇のようにその虫どもをかみ砕きながら、会社までの道を歩いていた。やれやれ、今日も無遅刻無欠勤記録更新だ…...
SF(少し・不条理)

がちゃっ 1

僕は、そのドアの前で冷や汗を浮かべていた。 濃いピンクに塗られて、格子のへこみが装飾としてある、洋風のドアだ。 「ごくっ……」 生唾を飲み込む。後ろ髪からしたたった汗が、ワイシャツの襟にこぼれる。 僕はなかなか動けない。ただでさえな...
SF(少し・不条理)

ぶわっ 6

6.何処とも知れぬ風景 「あらボーヤ、さっきも会ったわよね。どう? アタシの体、しっかり見てくれた?」 つややかな、たっぷりの黒髪、頭身の高い背丈。それを包む、薄紫のコート。襟から上、顔の、突き抜けそうなほど透き通る白い肌。黒目...
SF(少し・不条理)

ぶわっ 5

5.あの女性が居る風景 「やあやあ、どうも、ご無沙汰しております! お世話になります!」 「こちらこそ、どうも…」 サラリーマンの挨拶、 「あら奥さん、お買い物?」 「ええ、ちょっと変わった物が欲しくなって、そこのお店まで...
SF(少し・不条理)

ぶわっ 4

4.トレンチコートだけの風景 (がくん!) 「おわっ!?」 僕は、階段を踏み外したような感覚で我に返った。びくり、と体が震え、音を立ててテーブルの上の物が揺れる。危ない、危ない…。慌てて体制を整え、辺りを見渡した。…そこは、さ...
SF(少し・不条理)

ぶわっ 2

2.奇妙な女性の居る風景  そんな、僕の回りだけゆっくり時間が流れているような錯覚の中、僕は再び、視線を自分の周囲まで引っ張り戻してきた。ちょっと首の辺りがこったみたいだな。そう思った僕は、少し勢いをつけてブン、ブン、と頭を左右に...
タイトルとURLをコピーしました