大道芸

その他作品

闇色きゃらばん 5

「ふうっ……」 「んぐ、んふ……ふむ……くぅん……」 その後の深夜。おれは、またいつものように、窓縁に腰かけて、ワン子にチンポをしゃぶらせていた。 何はともあれ、やっかい事は片付いたんだ。足の痛みも、消えることはないが、いつものレベル...
その他作品

闇色きゃらばん 4

「ふうっ……」 手近な自販機で買ったカップ酒をあおりながら、おれは村の中を歩いていた。 酔うどころか、水代わりにもなりゃしねえ。気分は朝から最低だった。 『アユム、ずいぶん巧くなったじゃないか。どうだ、一杯?』 そう言って、アイツは...
その他作品

闇色きゃらばん 3

ちくしょう。 なんでこんな昔のことを思い出さなきゃいけねえんだ。 すすけた木賃宿の窓べりに腰掛け、空へ向かって毒づく。 だがそこには、にやけたように光る、おぼろ月があるだけだった。 舌打ちと共に考える。 あの男――おれにジャグリン...
その他作品

闇色きゃらばん 2

可もなく不可もない晩飯をかきこみ、どうということのない時間を過ごしていると、もう真夜中だ。おれは、出かける支度をした。 「あら? アユム、どこ行くの?」 「ああ。臨時収入を、な」 「へえ、ワン子のお手柄?」 「当たり、だ」 「ダイ...
その他作品

闇色きゃらばん 1

気持ち良い風の吹く夜だ。 縁日がかもす雑多な匂いも、ここへ来るまでにかなり薄まる。風にこされて漂うモノは、何となく空疎な雰囲気だ。みんな分かってんだな。祭りの後にゃ、何も残らねぇって事をよ。 だが、それがいいんだ、おれは。どうしよう...
その他作品

ファイナル・クエスト 4

4.勇者達の憂鬱 「はぁ……はぁ……ふぅ……あれ?」 どのぐらい走っただろうか、もう走れない。しばらく歩こうとタダシが思ったときだ。いつものそよ風に乗って、人のざわめきが聞こえた気がした。 「人の声……まさか?」 そ...
タイトルとURLをコピーしました