特殊能力

その他作品

闇色きゃらばん 2

可もなく不可もない晩飯をかきこみ、どうということのない時間を過ごしていると、もう真夜中だ。おれは、出かける支度をした。 「あら? アユム、どこ行くの?」 「ああ。臨時収入を、な」 「へえ、ワン子のお手柄?」 「当たり、だ」 「ダイ...
タイトルとURLをコピーしました