記憶

その他作品

柔らかな殺意 10 記憶

街路樹の囁きが聞こえる、穏やかな春の日。私は、足取りも軽く、あの屋敷へ向かっていた。新聞のアルバイト情報欄で、『メイド募集』の記事を見たからだ。『誰かのために尽くせる』それが、私には何より嬉しかった。 私は、兄さんの喜ぶ顔を思い浮かべなが...
その他作品

柔らかな殺意 7 夢

静をしっかりと抱きしめ、暖かさを確かめる。やげて、大きく視界が歪み、真っ白になっていく。……次の瞬間、二人は、下水道の中、自分たちが出てきた43番出口近くの通路に居た。 「助かりましたよ……。長年あなたを使ってますが、まさかこんな力がある...
タイトルとURLをコピーしました