衆人環視

やみのおり

聞こえる声 6

6. 外からの声  その日の夜。わたしは宿題を済ませるべく、机に向かっていた。 「………」 でも、手に持ったシャーペンは、トントントン……とノートに斑点を増やしていくだけで、解くべき問題は一向に頭に入ってこなかった。 食事は...
タイトルとURLをコピーしました