血の味

その他作品

柔らかな殺意 8

8.約束  ……静は目を開けた。 打ちっ放しのコンクリート、チリチリと瞬く蛍光灯。パイプベッド、緩められた服……。そんなことは全く意に介さない。顔を巡らせる。―傍らに『彼』が座っている。さっき聞いた、『彼』の去り際の言葉が、頭にこだます...
タイトルとURLをコピーしました