未完

その他作品

闇色きゃらばん 5

「ふうっ……」 「んぐ、んふ……ふむ……くぅん……」 その後の深夜。おれは、またいつものように、窓縁に腰かけて、ワン子にチンポをしゃぶらせていた。 何はともあれ、やっかい事は片付いたんだ。足の痛みも、消えることはないが、いつものレベル...
タイトルとURLをコピーしました