性奴隷

その他作品

闇色きゃらばん 3

ちくしょう。 なんでこんな昔のことを思い出さなきゃいけねえんだ。 すすけた木賃宿の窓べりに腰掛け、空へ向かって毒づく。 だがそこには、にやけたように光る、おぼろ月があるだけだった。 舌打ちと共に考える。 あの男――おれにジャグリン...
タイトルとURLをコピーしました