哀しい青空~SNK『龍虎の拳』より

久方ぶりの雨は、思わぬ豪雨となった。季節特有の、生暖かく大粒で、そして都会の埃にまみれた雨粒が、際限なく路面に叩きつけられている。
「ちっ……もう少しお天道様も我慢してくれなかったのかね……」
視界も定まらないその中を、一人の若い男が毒づきながら走っていた。
大柄でがっしりとした体躯は、並ならぬ過去を思わせる。
髪は美しい金髪だが、顔の造りの微妙な差異と、力強く走る黒い眉が、純粋の西洋人ではないことを仄(ほの)めかしていた。
「こう言うときは、修行場から家までの距離が恨めしいな……」
男はそうひとりごちつつ、もはや何の役にも立たなくなった、頭上にかざしていた荷物を下ろし、市街の道場兼自宅まで全速力で走ることにした。

体躯から推し量ることが出来るように、男は武道を嗜む。
いや、その腕は“嗜んだ”物ではなく達人の域である。
男―リョウ=サカザキは、父が創始した流派『極限流空手』の師範代であり、この街、サウスタウンで『無敵の龍』の二つ名で呼ばれていた。
普段は、自宅から離れた山中で半ば自活しながら鍛練を重ね、時折帰宅し、師範代として門下生を指導する日々を送っている。
今はまさにその、たまの帰宅の途中だったのだ。
しばらく走り、市街に入っても、やはりこの雨である。人通りは全くない。
今通っている辺りは、こぎれいな飲食店が立ち並び、今の時間なら賑わいもあるのだが、さすがに今日はどこも静かだ。
そんなことには全く構わず、走り抜けようとしたときである。ふと、雨にけぶる景色に、人影が見えた気がした。
「……?」
普通なら、気にも留めずに通り過ぎるところだが、『何か』が呼んだ気がした。
足を止め、何気なくその店の看板を見る。
《BAR ILLUSION》
そして、その店先に一人の女性が膝を抱えてうずくまっている。
勿論、雨にうたれ、全身がずぶ濡れになっている。リョウは、この女性を良く知っていた。
「……!……キング……」
キング。それがこの女性の通り名である。本当の名は誰も知らない。何かあっても、徒に詮索はしない……それが、この街に住む者の、半ば暗黙の了解だからだ。二人は以前、ある事件をきっかけとして知り合った。以来、腐れ縁のような物が続いている。
「……」
この街で名が通る以上、彼女も武術―ムエタイの名手である。リョウも幾度か手合わせをし、その、見た目とは裏腹な、時に『毒撃ち』と称される蹴り技の鋭さは、身に染みて知っている。
しかし今、リョウは不思議な気分にとらわれていた。
膝を抱え、何かに怯えるように小さくうずくまり、雨に打たれる目の前の女性を、奇妙にも『綺麗だ』と感じてしまっていたのだ。
いつもとは違う、過ぎるほどの弱さ、そして、この雨と共に消え入りそうな儚さ……
リョウはしばらくの間―実際は極短かったのだが―その『奇妙な』美に浸っていた。

視界を白く染める豪雨の中、ずぶ濡れでうずくまる女性と、姿を同じくして、それを見つめる男の姿は、その情景自体が一つの絵画的美しさを持っている様にも見えた。

「……おい、キング?」
我に返り、リョウは彼女に声を掛けてみる。が、反応はない。
「……おい!しっかりしろ!」
固く閉じられた姿勢を崩し、顔を見る。いつもは美しく調髪して有る短い金髪も、雨でべったりと顔に張り付き、その表情は苦悶のそれであった。
「どうしたってんだ……うっ!」
ふと触れた手が、思わず引っ込む。酷い熱だった。
「まずいな……仕方がない!」
そう呟くと、リョウは彼女を背中に負ぶった。そして、自宅までの残りの距離を、出来る限りの速さで駆け抜けていった。
「こいつ……こんなに軽かったのか……?」
何か不安にも似た気持ちを抱きながら……。

「おーい!ユリ!」
ようやく道場兼自宅にたどり着き、家中に響けと言わんばかりの声を上げる。
「あっ、お兄ちゃん。おかえ……きゃっ!」
ぱたぱたと、奥から利発そうな少女が出てくる。リョウの妹、ユリである。その、いつもの出迎えの笑顔が、一瞬凍り付く。
ユリもこの女性は知っていた。いや、大きな「恩」すら持っている。だから、余計その光景に驚いた。
「酷く熱を出している。着替えと、手当を頼む!」
言葉に詰まるユリには構わず、リョウはまくしたてた。
「わかった!」
何があったのか尋ねるよりもまず、動いた。兄の代わりにずぶ濡れの女性を背負い、足早にユリは浴室へ駆けていった……。



「ん……うん……」
うっすらと目を開く。天井が見える。それに、額が冷たい。
「……?」
自分がどうなっているのかを確かめるため、頭を巡らせてみる。じゃらり……額から何かが落ちた。氷のうだ。どうやら自分は眠っていたようだ。
改めて、半身を起こし、自分の体を見てみる。……寝間着を着ている。しかし、随分大きい。まるで男物のようだ。今度は周囲を見てみる。簡素な部屋。調度品や、内装からして、病院などではないようだ。
自分が寝ているベッドのそばに窓があった。そこから、外を見てみる。
外は相変わらず激しい雨だった。景色すら、定まらない。
「…………」
何故か、寂しい気持ちになる。
しばらく俯いていると、不意に、ドアをノックする音が聞こえた。
「(まだ起きられないんじゃない?)」
「(そうか?)」
ドア越しにそんな声がする。この声は……

(がちゃり)

「ん? よお。目が覚めたようだな」
「リョウ!! ユリ!!」
思わず素っ頓狂な声が上がる。
「すまんな。気を失ってたし、熱が酷かったもんだからな……」
一瞬つられて驚いた顔をしたリョウだったが、すぐに真顔に戻って、少し気まずそうに言った。
「勝手なことだと思ったけど、手当、させて貰ったの。寝間着は……ちょうど良い大きさのがなかったから、おにいちゃんのを……あっ大丈夫! 洗濯はしてあるから!」
慌てて説明するユリ。
「……」
「あっあっ、手当は、全部あたしがやったの。おにいちゃんは、大丈夫だから……」
沈黙している彼女の様子を見て、しどろもどろになりながら、さらに気まずそうに説明する。
「……いや、ありがとう……」
ようやく見えた笑顔に、ホッとするユリであった。
しかし、リョウにはその笑顔がいつもと違うように見えた。何か……。
「じゃあ、あたしは……」
ユリもその違いに気づいたのだろう。そう言い残して、気を利かせようとしたのか、慌ただしく部屋から出ていった。ぱたぱたという足音が遠ざかっていく。

「……っと」
傍らの椅子に座るリョウ。特に話を切り出すわけでもなかったので、沈黙と、雨の音がしばらく部屋を支配した。
「……ありがとう。」
俯いたまま、呟くように彼女が言う。
「ん? あぁ……」
リョウは生返事で応える。
「…………」
「…………」
それきり、またしばらく沈黙が流れる。
「……訊かないの?」
変わらず俯いたまま、呟く。
「何を?」
わざとはぐらかして応える。
さらに暫くの雨音のみ。
「……ねぇ、リョウ」
初めて、リョウの方を見やって、彼女が問いかけた。
「ん?」
こちらも、目を合わせる。その顔は、知人に向ける顔と言うより、いつも妹の前で見せる兄の顔に近しかった。
「(あっ……)」
その表情に、少し彼女の顔に安堵の色が浮かぶ。かすかに、息をのんで言う。
「空を見ていて……悲しくなった事って、ない?」
「空を?」
「そう。雲一つ無い、抜けるような青空」
「……」
「おかしな話だと思うでしょう? でも本当なの。何処までも、何処までも透き通った空を見ると、自分が凄くちっぽけに思えて……なんだか悲しくて、泣きたくなるの。今日も……それで……」
一気に言った後、再び口をつぐんで俯く。その顔は、蹴り技の魔術師として恐れられるファイターのものではなく、儚さすら漂う、ただの女性の顔であった。
「たとえば……」
少し、彼女の息が整うのを待ってから、リョウが続ける。
「弟のために闘っていたとき、ふと上を見上げて……か?」
不安げだった彼女の目が、驚きと、少しの喜びで大きく見開かれる。
目には、涙が溜まっていた。

この二人には大きな共通の経験がある。親と離れ、かけがえのない肉親―リョウは妹、彼女は弟―を養うために、そして守るために、死にものぐるいで強くなった……筆舌に尽くし難い、当人達でないと解らない経験である。
「……俺もな……ユリのためにストリートファイトをやっていた頃……そんな気持ちになったことがある。試合に勝って、ふと、空を見たんだ。……雲一つ無い空が、やけに綺麗だった。見つめてるうち、まるで空に向かって落ちていくような感覚になった。その感覚の後……なんだか無性に悲しく、悔しくなった」
未だ雨の降り続く外を遠く見やって、リョウが呟く。
「それから、リョウはどうしたの?」
「思わず叫んじまったよ。『バカヤローーーッ!』ってね」
「くすっ……」
その、はにかむ様に、彼女の泣きそうな顔に少し笑みが浮かぶ。
「……この雨の中、お前を見つけて……正直、ひどく小さく見えた。消え入りそうなくらいだった。なんて言うか、直感とでも言うのかな。何か有るな、と思ってな……俺が聞いてやれる話で、良かった」
柔らかな笑みを返すリョウ。
「……っ……く……」
その言葉を聞いて、彼女の目から涙が溢れだした。手で顔を覆っても、止めどなく溢れ出す。決して、他では見せられない。しかし、流したかった涙だった。
「うっ……ううっ……うぐぇっ……」
嬉しかった。このたとえ様のない、それでいて途方もない感情を解ってもらえる相手が居た。それが彼女には本当に嬉しかった。
「あ……ありがと……うぅ……うぐっ……えっ……うぇっ……」
リョウは何も言わず、ただ、彼女の涙の流れるに任せていた。
しばらく泣いていた彼女であったが、不意に、熱い物に抱きかかえられる感触があった。
「……自分が小さく思えたら、空に向かって言ってやれ。『こん畜生! 俺は今生きてるんだぞ! 文句あるか!』ってな。胸を張れ。お前は、無敵のキング様だろ?」
リョウは、泣きじゃくる彼女を胸に抱きすくめ、ゆっくりと噛み含めるように言った。
「……まは……の……で……ないで……」
彼女が、腕の中で、何かを呟いた。
「ん?」
「……今は……その名前で……呼ばないで……お願い……」
泣きはらした目でリョウを見つめ、彼女は言った。
「わたしの名前は……」



「もう、すっかり大丈夫のようだな」
爽やかに晴れ上がった幾度目かの朝、リョウは彼女を見やる。
「あぁ。色々世話になったね」
いつもの服装に戻った彼女が応える。
「服の糊付けとか、上手くいってるかな?あんまりやったこと無いから……」
照れくさそうにユリが言う。
「ハハハ……上出来だよ。綺麗なもんさ。」
服の襟をちょっと立てて見せ、笑みを返す。
「今度店においでよ。とびきりのカクテル、ご馳走させてもらうよ」
「いいのか? Tシャツにジーンズでも?」
「ふっ、特別に勘弁してやるよ」
「そいつはありがたい……」
「じゃ、また……」
真顔に戻り、背を向け、歩き出す彼女。
「……またな。『キング』」
リョウがその背に投げかけた呼び名に、『キング』は少し振り返り、頭上の青空を少し見やった。そして、はにかみの笑顔を見せ、雑踏の中に消えていった。