雪の降る朝(あとがき、あるいは蛇足)

さて、突発短編『雪の降る朝』、読んで下さって有り難うございます。エッチを期待された方、どうも申し訳ございませんでした。m(_ _)m 『上級立ちション講座』を書いている最中に、ふと魔が差したと申しましょうか(苦笑)。

それなのに、ホントに珍しく、あとがきを書くのには、理由があります。このお話には、モチーフになった歌があるんですよ。そのことを書いておこうと思いまして。

その曲とは、「筋肉少女帯」の「機械」です。(アルバム「キラキラと輝くもの」収録)

曲の中で、男が作っていたのは、「天使を呼ぶ機械」なんですが、ちょっと前に見た懸賞小説のテーマにからめて、「冬を呼ぶ機械」に変えたのです。…しかし、仮にこの作品をその懸賞に応募したところで、ダメダメだったでしょうね。なんせ、その懸賞は「ほのぼの」系を目指していたようでしたから(笑)。どーせアタシは破滅型~♪ 等と歌ってみたり。