衝撃

その他作品

聞こえる声 2 機械からの声

そんな『不自然』な一日も、いつのまにか、慌ただしい日常という『自然』に流れてしまう。思い出す暇も無く、まして、自分の中だけのことだから、他人に思い出させてもらうことも無く……わたしがわたしをいぶかしむ声は、ずっと遠くになっていった。 ...
タイトルとURLをコピーしました