やみのおり

影縫光(かげぬうひかり)~幻影・裏面 4

4. メビウスの輪  全てを消し去る『光』は、幾万、幾億の針となって降り注ぐ。 その針は、モノの想いを地に縫いつけ、影をもねじって縫い合わせる。 放たれた想いはたどり着くことなく、メビウスの輪の中を循環する。 そして、届か...
やみのおり

幻影 4

4.再び校門にて  何度目かの、太陽が激しく照りつける時期がやってきた。 日差しは地面に陽炎を作り、景色を歪ませる。 しかし、それが『夏』という季節であることを認識する物は、もう、いない。  一瞬の『光』が、...
タイトルとURLをコピーしました