人を呪わば穴二つ

お呪い

お呪(まじな)い~コレクション・ハウスの夜3_5

5.イシの檻  それから、何人もの『被告人』の『裁判』が『執行』された。 由佳も、何度か『執行人』になった。そのたびに、得も言われぬ『充実感』が彼女を支配した。『自分は、今、確実に人の役に立っている』ここがどこだっていい。ずっと居たい。...
タイトルとURLをコピーしました