ラブイチャ

光かがやく天使のしずく

いきたい~立ちション講座・概論 2 あの日のこと

お腹も一杯になったボクは、食後の運動をかねて、またぐるりと回って、家の近くの公園までやって来た。 別に何も変わったところのない、小さな公園だけど、ここもボクのお気に入りの場所。いつものベンチに座って、思い切りもたれかかって、空を見...
光かがやく天使のしずく

いきたい~立ちション講座・概論 1 いつもと違う週末

「る、るるるーん……」 鼻歌を歌いながら、ボクが振るのはフライパン。炒めてるのは、セロリと豚肉。セロリがしっとりするまでよーく炒めて、お塩とコショウで味付けして……。 とっても簡単で、おいしいおかず。潤一さんの好物だから、ボクも...
光かがやく天使のしずく

ぽかぽか~立ちション講座・休憩時間 その2

「(……お?)」 と、そんな、更にオブラートを重ねてしまったような視界に、人影がうつった。ベンチに横たわる、ちんまりとした体。膝までで折り返したようなジーパンに、Tシャツ。その上半身は、小さいながらも、柔らかな曲線を描いていて……...
光かがやく天使のしずく

ぽかぽか~立ちション講座・休憩時間 その1

「うーむ…………」 「どうしたの? 友部さん?」 昼休み。いつも行く定食屋の一件で、日替わり定食を食べながら、俺はしきりに唸っていた。何か悩んでいる風に見えたのだろうか、一緒に喰っている同僚が、心配そうな声を掛けてくる。そいつは...
光かがやく天使のしずく

中級立ちション講座・夏期特別補講 2 Act.2

「うーむ…………」 屋上のビアガーデンで、俺は、あの時の浜辺のようにうなっていた。 広い屋上に作られた座席は、またしても人、人、人……。 失礼を承知で言わせてもらうが、一体どこから湧いて来るんだろう……。 「えーと、どこ...
光かがやく天使のしずく

中級立ちション講座・夏期特別補講 1 Act.1

「…………」 (カタカタカタ……) 「…………!」 (カタカタカタカタ……) 「……ふぬぅぅっ!!」 (カタカタカタカタカタ……) 「……うがぁぁっ!」 (カタカタカタカタカタ……ピーッ!) エラーの...
光かがやく天使のしずく

中級立ちション講座 5 バック・トゥ・ザ・イモムシの朝

「ぐーー……」 翌日。俺達は、クーラーをガンガンに効かせた部屋で、何度目か解らないガ行の音を唸りながら、再びイモムシになっていた。正直に言おう。原因は、日焼けと、筋肉痛だ。うかつだった。日焼け止めを持っていくのを忘れ、あれだけ遊ん...
光かがやく天使のしずく

中級立ちション講座 4 潮風の中の講義

「(ゆーき!ゆーきぃぃぃっ!!)」 渾身(こんしん)の力で俺は泳いだ。距離は二十メートルもない。すぐのはずだった。 しかし、焦る気持ちが、力の伝わる効率をどんどん下げていく。掻き出すはずの手のひらは水を切り、蹴り進むはずの足は、...
光かがやく天使のしずく

中級立ちション講座 3 芋洗いの炎天下

翌朝。嬉しいときは、フライング・ボディアタックのキレも良いのだろうか、予定よりかなり早く起こされてしまった。 俺も、寝ぼけまなこでタンスの奥から水着を引っぱり出してくる。こっちは何の変哲もない、黒のトランクスタイプだ。昨日一緒に買...
光かがやく天使のしずく

中級立ちション講座 2 イモムシの昼下がり

「うー……」 そして、週末。クーラーの効いた部屋で、俺達はイモムシになっていた。 日差しは日々強くなり、見上げれば、夏独特の、吸い込まれていきそうなほどに深い青空がある。基本的に内勤の俺も、昼飯時なんかに外に出たりすると、頭...
タイトルとURLをコピーしました