まじない

お呪い

お呪(まじな)い~コレクション・ハウスの夜3_2

2.まじないの部屋  そんなある日のことである。由佳は、いつも通り机に向かっていた。ただ、そこから聞こえてくるのは、ペンを走らせる音とは似て非なる音だった。 “カリカリ……ピチッ……プチッ……” 最初のうちは普通に勉強...
タイトルとURLをコピーしました