非18禁作品

哀しい青空

哀しい青空~SNK『龍虎の拳』より

久方ぶりの雨は、思わぬ豪雨となった。季節特有の、生暖かく大粒で、そして都会の埃にまみれた雨粒が、際限なく路面に叩きつけられている。 「ちっ……もう少しお天道様も我慢してくれなかったのかね……」 視界も定まらないその中を、一人の若い男が毒...
ヨタ話のTPO

ヨタ話のTPO

「なあ、トミー。タバコくれ」 「あいよ」 かたわらからの声に応じて、俺はオイルライターと共にタバコの箱を、隣に座る奴……ウッチーに渡した。 「火」 「おまえなあ……」 いつものこととは言え、そしてそれが悪意などみじんもない...
稲穂

稲穂

 ……秋の涼しい風が吹いておりました。 暑くもなく、寒くもなく、無造作に羽織った麻混のジャケットを優しく通って身体に香るような、そんな風の吹く平日の昼下がり。私は、バス停にたたずんで、ぼんやりバスを待っておりました。 そのこ...
国技とミカン

国技とミカン

世間では、どうやら、私のことを小説家と呼ぶらしい。こんな風に言うのは、当の私自身に、まるで自覚がないからだ。いくつかの偶然が重なり合って、私は今、ショート・ショートの締め切りを、編集者からせっつかれているのだ。しかし、目の前には純白の原稿用...
雪の降る朝

雪の降る朝(あとがき、あるいは蛇足)

さて、突発短編『雪の降る朝』、読んで下さって有り難うございます。エッチを期待された方、どうも申し訳ございませんでした。『上級立ちション講座』を書いている最中に、ふと魔が差したと申しましょうか(苦笑)。 それなのに、ホントに珍しく、あと...
雪の降る朝

雪の降る朝

男が一人、家の中で作業に没頭していた。 その家は、狭くはなかったが、中は、嵐にでも遭ったかのように散乱していた。 散らかっているものは、機械の部品、設計図、書物など。うず高く、という表現がよく似合い、その上には、うっすらとほこりまで被っ...
隣人

隣人

その日も同じ一日だった。 中途半端な時間に起きての、朝食兼昼食。一通りの身繕いを終えて、着替え。それが終われば、特にやることがない。いや、やることは山積みのはずだが、どうにもやる気が起きないのだ。何気なく端末の電源を入れ、ネットワーク...
常連の会話

常連の会話

 自由な時間のあるときはお金がなくて、定収入ができると暇のなくなるのが世の常。かくいう僕も、例外ではない。おかげで、楽しみの一つが減ってしまった。喫茶店通いだ。最寄り駅の大通りを一つ横にそれたところに、その店はある。だがしかし、別にその店が...
茶店語辞典

茶店(サテン)語辞典~立ちション講座・番外編

「はぁー……」 何度目かのため息をつきながら、俺は会社からの帰り道を歩いていた。肩は上空の空気を体積分全て背負い込んだように重く、それを支えきれない足は、鉛のようだった。 「ふぅー……」 何度ため息を付いても、体の中の澱んだ空気は一向...
タイトルとURLをコピーしました