ファイナル・クエスト

その他作品

ファイナル・クエスト 8

8.憂鬱の果て 「うっ……うーー……ん……」 頬がチクチクする。それに、ホコリ臭い。うっすらと目を開けた。薄紫のジュウタンに頬ずりしている。耳を澄ます。ぶぅぅ……ん、という、端末の駆動音。まさか…… がばり、と跳ね起き...
その他作品

ファイナル・クエスト 7

7.憂鬱の正体 「…………………………」 クリープは、また、窓の外から景色を見ていた。いや、見ていたと言うよりは、『目をそこに置いていた』と言える。 彼女の瞳には、景色が写ってはいたが、彼女はそれを認識しようとしな...
その他作品

ファイナル・クエスト 6

6.憂鬱への疑念 「あのー……」 少し離れた位置から、タダシは三人に呼びかけた。が、 「…………!!」 「…………?!」 「……………………」 なにやら、議論に夢中らしい。一向に気づく気配はない。 「あ...
その他作品

ファイナル・クエスト 5

5.押し込められた憂鬱 「はぁ……」 何度目のため息だろう。 クリープは、城の窓から外を見ていた。 あいつが居なくなった。 ずっと待ってても、帰ってこない。 もう、これっきりなんだろうか……? 「ふふっ...
その他作品

ファイナル・クエスト 4

4.勇者達の憂鬱 「はぁ……はぁ……ふぅ……あれ?」 どのぐらい走っただろうか、もう走れない。しばらく歩こうとタダシが思ったときだ。いつものそよ風に乗って、人のざわめきが聞こえた気がした。 「人の声……まさか?」 そ...
その他作品

ファイナル・クエスト 3

3.『新婚生活』の憂鬱  そして、月日が流れた。クリープはタダシを、奴隷のようにこき使った……かというと、そうでもない。掃除洗濯などの雑用はさせたが、どちらかというと、遊び相手、そして夜伽―変な意味はなく、文字どおり、寝床...
その他作品

ファイナル・クエスト 2

2.魔女の憂鬱 「あーあ、暇だなぁ……」 石造りの巨大な城の中、同じく巨大な窓際に腰掛けて、つぶやく人影があった。 窓からは、だだっ広い野原と、森しか見えない。野原に生える草はみんな同じだし、森を成す木は、全て同じ...
その他作品

ファイナル・クエスト 1

1.プログラマーの憂鬱 「ふわぁぁぁ……」 アゴが外れんばかりのあくびをして、タダシは座ったままのびをした。ぽきぽきぽき……と、体中の関節が音を立てる。 低い唸り声を上げて点滅している眼前のモニターには、プログラミング...
タイトルとURLをコピーしました