その他作品

その他作品

闇色きゃらばん 5

「ふうっ……」 「んぐ、んふ……ふむ……くぅん……」 その後の深夜。おれは、またいつものように、窓縁に腰かけて、ワン子にチンポをしゃぶらせていた。 何はともあれ、やっかい事は片付いたんだ。足の痛みも、消えることはないが、いつものレベル...
その他作品

闇色きゃらばん 4

「ふうっ……」 手近な自販機で買ったカップ酒をあおりながら、おれは村の中を歩いていた。 酔うどころか、水代わりにもなりゃしねえ。気分は朝から最低だった。 『アユム、ずいぶん巧くなったじゃないか。どうだ、一杯?』 そう言って、アイツは...
その他作品

闇色きゃらばん 3

ちくしょう。 なんでこんな昔のことを思い出さなきゃいけねえんだ。 すすけた木賃宿の窓べりに腰掛け、空へ向かって毒づく。 だがそこには、にやけたように光る、おぼろ月があるだけだった。 舌打ちと共に考える。 あの男――おれにジャグリン...
その他作品

闇色きゃらばん 2

可もなく不可もない晩飯をかきこみ、どうということのない時間を過ごしていると、もう真夜中だ。おれは、出かける支度をした。 「あら? アユム、どこ行くの?」 「ああ。臨時収入を、な」 「へえ、ワン子のお手柄?」 「当たり、だ」 「ダイ...
その他作品

闇色きゃらばん 1

気持ち良い風の吹く夜だ。 縁日がかもす雑多な匂いも、ここへ来るまでにかなり薄まる。風にこされて漂うモノは、何となく空疎な雰囲気だ。みんな分かってんだな。祭りの後にゃ、何も残らねぇって事をよ。 だが、それがいいんだ、おれは。どうしよう...
その他作品

耳だけ芳ちゃん

――その日も、お芳ちゃんは、ちょっぴり長めのおかっぱ髪を一生懸命振りながら、『いつもの場所』に向かっていました。 時間も、いつも同じ。両親が寝静まった真夜中、こっそり調べて探り出した家の合い鍵を持って、扉をくぐるまではゆっくりと、でも、一...
その他作品

ファイナル・クエスト 8

8.憂鬱の果て 「うっ……うーー……ん……」 頬がチクチクする。それに、ホコリ臭い。うっすらと目を開けた。薄紫のジュウタンに頬ずりしている。耳を澄ます。ぶぅぅ……ん、という、端末の駆動音。まさか…… がばり、と跳ね起き...
その他作品

ファイナル・クエスト 7

7.憂鬱の正体 「…………………………」 クリープは、また、窓の外から景色を見ていた。いや、見ていたと言うよりは、『目をそこに置いていた』と言える。 彼女の瞳には、景色が写ってはいたが、彼女はそれを認識しようとしな...
その他作品

ファイナル・クエスト 6

6.憂鬱への疑念 「あのー……」 少し離れた位置から、タダシは三人に呼びかけた。が、 「…………!!」 「…………?!」 「……………………」 なにやら、議論に夢中らしい。一向に気づく気配はない。 「あ...
その他作品

ファイナル・クエスト 5

5.押し込められた憂鬱 「はぁ……」 何度目のため息だろう。 クリープは、城の窓から外を見ていた。 あいつが居なくなった。 ずっと待ってても、帰ってこない。 もう、これっきりなんだろうか……? 「ふふっ...
タイトルとURLをコピーしました