影縫光(かげぬうひかり)~幻影・裏面 4

この記事は約1分で読めます。

4. メビウスの輪

 全てを消し去る『光』は、幾万、幾億の針となって降り注ぐ。
 その針は、モノの想いを地に縫いつけ、影をもねじって縫い合わせる。
 放たれた想いはたどり着くことなく、メビウスの輪の中を循環する。
 そして、届かぬ想いに嘆くモノ達の、幾万、幾億の『叫び』が、地の縫い目から滲み出し、『雲』と呼ばれていたモノを形作る。

 その『雲』からまた、幾万、幾億の『雨』が、激しい音を立てて、何も、ない、大地に、振り注いで、いた……。

おわり

戻る

 

タイトルとURLをコピーしました