幻影 3

この記事は約4分で読めます。

3.愕然

 その日は、何故か逃げるように家に帰ったのを覚えている。別に女子トイレを覗いたわけでもなく、特にやましいことは無いはずなのに、家まで全速力で走って帰った。
 それは……そう。『見てはいけない物を見てしまった恐怖』と言えるかも知れない。一目散に自分の部屋にこもり、ベッドに突っ伏して、僕は震えていた。

 その恐怖は、得体の知れない物だった。
 別に、授業を抜け出して、トイレで淫らなことをするのが許せない、という様な、変に道徳ぶった所から来るでもなく、おしっこを我慢することと、その臭いに興奮する、という世間一般からすればアブノーマルと言われる性癖に対する嫌悪感による物でもなく、とにかく得体の知れない恐怖だった。

 布団を頭までかぶり、固く目を閉じても、彼女の、あの恍惚とした顔と、脚に輝いて見えた雫の筋が脳裏に浮かんでくる。
 そのうち、通りすがりに臭ったおしっこの臭い……あの香ばしい香りまでが蘇ってくるようだった。

 ……えっ?

『香ばしい……?』
 今僕は「香ばしい」と言ったのか?「臭い」じゃなくて? 慌てて自分で問い直し、あの光景を反芻してみた。

 あぁ……僕はどうかしてしまったのか?
 何度思い返しても、あれが「良い香り」に思えてきた!
 どうしてだ……どうしてだ……
「おしっこの臭いなんて物は……」
 そう呟きながら、僕は何を思ったか、穿いている自分のブリーフを脱ぎだした。
 勿論、一日穿いていたのだから、汚れている。それを僕は……顔に当てた。
「くんくん……ほら、やっぱり臭い。くんくん……ほら。くんくん……」
そう呟きながら、僕は何度も何度も臭いを嗅いでいた。
「くんくん……ほら、こんなに匂う……もっと確かめて……ああ……いい匂いじゃ……?」

 僕は愕然とした。
 自分の汗と尿の匂いが、「いい匂い」に思えてきて、それが彼女の放った匂いと重なり合って……
 いつしか僕は、自分の性器を勃起させていた。

「………………」
 信じられないほどに怒張した自分の性器を見おろし、も のすごい速さで脈打つ心臓を感じながら、僕はまた、呆然としていた。
 どんなポルノ雑誌を見ても、今までこんな事にはならなかった。

 ……おそるおそる、僕はそれに手を伸ばした。

 びくんっ!

「はっ!」
 体中を痺れが走る。
 自分の物が……こんなに……痛いほど張りつめたことはない。
 僕はベッドに腰掛け、一心に自分の性器をこすっていた。
「あっ……あぁっ……ンッ……はぁぁ……」
 傍目には狂態でしかない自分の姿を見たくなかったのか、固く目を閉じた瞼の裏に、彼女の、うっとりとした顔と、足に伝う雫が、何度も何度も、火花のように甦る。そのたびに、ますます僕の性器は張りつめていった。
「あッ……いっ……痛いっ……は……あっ……うっ……はぁぁぁぁっ!!!!」
 いつしかベッドに横たわって、がくがくと腰を振り、女のような嬌声を上げながら、僕は自慰にふけっていた。

 僕が勝手に想像した、彼女の嗜好と歪んだ快楽が、頭の中をどろどろと満たしてゆく。
 堪えきれない興奮と刺激。
 僕の中には、数瞬のうちに射精の限界量が充たされた。
 いつもならその場で果ててしまっているはずだった。
(ま……だ……よ…………)
 頭の中の彼女の、苦痛とも、悦びともとれそうな声が、現実の僕にも伝わってくる。
「う……ぅうっ!!」
 想像の中の彼女の苦痛は現実の僕にも伝わり、内側から飛び出そうとするものをも制止させた。
 その苦痛を一緒に味わっている彼女も、歓喜の表情で苦痛に悶える。

(そう……、我慢……しなきゃ……。わ……わ……たし……も……くるしい……の……)
 妄想の彼女は脂汗をかきながらも、うつろな瞳で僕の事を見守っている。
「は……はぁ……はぁ……」
 今にも溢れだしそうな思いを、どくどくと音を立てて、彼女の苦痛に満ちた顔に向かって解放したかった。

 幾度となく、そんなやりとりを、想像の中の彼女とくり返す。
 次第に意識はもうろうとなる。その替わりに、彼女が内に秘めていた事、訴える事が出来なかった思いが……どす黒い雨雲のようなイメージをとって、僕の中に湧いてゆく。
やがて……

(あぁっ! ウ……ぅんッ!!)
「うわぁぁっ!!」
 ……彼女がオシッコを吹き出させるのと同時に、すさまじい勢いでもの凄い量の精液をまき散らし、僕は果てた。

「はぁ……はぁ…………あ…………」
 果てしない脱力感の中で、僕は妙に醒めた目で思った。

「やっと……わかった……」

 そうだ、彼女に感じていた、不思議な感覚は…………。
 僕と彼女は、ある意味で共鳴していたのかもしれない。 ……勝手な思いこみと言われればそれまでだけど、あの娘と話をしてみよう、してみたい、と僕は思った。
 そして僕は、明日の放課後、校門で待っていようと決めたのだ。




 僕は待っている。彼女に声を掛けるために。そしてこう言うために。

『一緒に帰りませんか。そして、良かったら貴女のこと、教えて下さい』

……と。

 僕はずっと待っている。
 ずっと立っていても、疲れない。
 暑くも、ない。
 お腹も、減らない。
 日も、沈まない。

 でも、僕は待っている。あの娘を……。

つづく

 

タイトルとURLをコピーしました