あの娘 3

この記事は約3分で読めます。

3.共鳴

 そんな夢に起こされたのですから、その日はいつにも増して憂鬱な気分で学校へ行きました。
 今まであんな怖い夢、いえ、怖いけど懐かしさもあって……でもやっぱり怖い夢……見たこと有りません。
 何がなんだかさっぱり解らず、自分が今何をしているのかさえ上の空で、教室に入りました。

 学校って、嫌いです。
 みんなどうして、そんなに騒げるんだろう。
 他愛のない話をして、先生をけなして、また笑って……。
 誰か話す相手が欲しくない訳じゃないけれど、そんな皆は嫌です。
 だから、私には本当に友達と言える人は、いません。
 話さない訳じゃないけれど、それはほとんど会話ではありません。会話に聞こえる独り言を毎日繰り返しているのです。それは「自分はクラスの中にいる」という事の確認の手段である以外は中身のない、とても虚しいものでした。

 見るでもなく、ぐるっと教室を見渡します。ふと、ある人物に目が止まりました。
 クラスで一番の優等生の子です。朝早くから参考書を読んでいます。
 いつものことなのですが、その日は少し違っていました。今まではどことなく怖くて近寄り難かったのですが、今日はなんだか優しい顔でした。そして何より、本を読んでいる彼女の顔が、変に艶っぽかったのです。

 私はその顔を見て、なぜか胸が高鳴りました。
「オナジカモシレナイ」
 いつの間にか、呟いていました。
「……え? 何が??」
 また突然、思いがけぬ自分の言葉に戸惑います。
 釈然としないまま、始業のベルが鳴りました……。

 その日、学校から帰り、疲れた体をベッドに横たえていた時のことです。
 ふと、今朝の彼女の顔が脳裏によみがえりました。
 ……いつものような顔の下の、妙な艶っぽさ。
 すました顔の下で、とんでもないことをしている様な、悪戯っぽい様な、照れた様な……そう。子供のような……。
 子供……
「子供……か……」
 ぼそりとひとりごち、今朝見た夢を思い出しました。
 楽しそうな自分と両親、無邪気な笑い声……
「……っ……」
 思い出すと何故か哀しくて、涙が一筋、こぼれます。
「あの頃に……戻れたらなぁ……」
 涙の溜まった目で、呟きました。

 気が付くと、少しうとうととしていたようでした。私は、軽い尿意で目覚めました。不自然な格好で眠っていたからでしょう。
「おトイレ……」
 のそっと起きあがり、何気なくトイレへ立とうとしたときです。ふとまた、さっきの夢のことを思い出しました。
「赤ちゃんの頃は……オムツの中に全部してたんだなあ……」
 そう呟くと、なぜだか無性にオムツが懐かしくなってきました。でも、オムツなんてしまい込んでしまって今すぐは出せません。でも、もう一度見たい……いや、自分にあてたい! 解らないけど、無性に当てたくてたまらない!
「そうだ!」
 私はしばらく思案し、タオルと安全ピンで代用してみることにしました。

 厚手のタオルを用意し、Tの字に広げます。ショーツを脱ぎ、ドキドキしながら腰を落としました。タオル独特のざらりとした感触が、アソコに伝わります。
「あはっ!!」
 不思議な感覚が躯を突き抜けました。

 ぷしゅっ!

 と同時に我慢していたオシッコが、音を立てて吹き出しました。

 しゅろしゅろしゅろしゅろしゅろ……

 弓なる躯の下、どこまでも世界地図は大きく描けます。
 普段ならば、後始末の事を考える物ですが、その時は排泄の快感の他に、「突飛な行動をしたこと」に、明らかに躯は震えていたのです。それは、悪戯をした後、「ざまぁみろ」と、舌を出す感覚に似ていました……。

 結局、その後始末は、後でその場所にお茶をわざとこぼして、親にその旨を伝えごまかしました。そしてその晩、両親が寝静まったのを見計らい、押し入れの中から昔使っていたオムツを出してきたのです……。

つづく

 

タイトルとURLをコピーしました