あの娘 2

この記事は約2分で読めます。

2.悪夢

 ………夢を見ました。

 私は遊園地を歩いていました。沢山の家族連れが、楽しそうにしています。
 元気な子供達、振り回される親、はじける笑い声……
 見ているだけでほほえましくなるような、そんな風景でした。
 ふと、見覚えのある親子連れが歩いてきました。
 両親の手に引かれて歩く小さな女の子……あれは……私?
 そして手を引いているのは……おとうさん、おかあさん。
「あんな時代もあったんだなぁ……」
 何だかひどく懐かしい気分になり、その横を通り過ぎようとしたときです。
「あっ!」
 突然、私に似たその子が、私を指さして言いました。
 何かと思い、私は自分自身を改めて見ます。
 私は我が目を疑いました。

 私は……丸裸で歩いていたのです。

「え……?! きゃぁっ!!」
 それに気づき、私はうずくまりました。

 しかし次の瞬間……
『あっ!!!!』 
と言う和音と共に、遊園地にいる全ての人が、全員私を指さしました。
 皆、私を凝視して、細い、しかし大量の視線の矢を射かけます。
 信じられない、という顔で私を睨む、目、目、目……。
「……はぁぁっ……!!」
 ……私は緊張に耐えきれず、うずくまったままオシッコを漏らしてしまいました。

 ……周囲から来る『驚嘆』の矢は、『蔑視』というつぶてに変わり、なおも私に降り注ぎ、私を打ち据えます。

 そして今度は、「ひそひそ……」「こそこそ……」という話し声が聞こえてきました。
 聞きたくないと解っていても、耳に入ってきます。

『なにをやってるんだか……』
『いい年をして……』
『そんなことだからいつまで経っても……』
『勉強も……』
『まったく……』

「どうして……? どうしてそんな目で見るの? やめて……やめて……やめてよ……」
 私は泣きじゃくり、必死につぶてを払おうとしました。
 しかし、その見えないつぶての雨は止んでくれません。
「やめて……いや……いやだよ……いやあぁぁぁぁぁぁっ!!!!」
 全身の力を込めて私は叫びました。
 すると、すうっ……と景色が消え、私は暗闇の中で魂の抜けたように倒れてしまいました……。

 ……そこで目が覚めました。
 夢の生々しさに顔を覆うと、涙でぐしゃぐしゃになっていました。
 掛け布団も、きっと暴れてしまったのでしょう、全然違うところへ蹴飛ばしています。
 そして……やっぱりもう一枚、敷き布団のキャンバスに、世界地図を描いていました。

つづく

 

タイトルとURLをコピーしました