あの娘 1

この記事は約2分で読めます。

1.抑圧

「ひゃっ!」
 ひんやりする感触に私は跳び起きた。
ぐっしょり濡れたパジャマに、布団に描かれた世界地図……
「あ……またやっちゃったのか……」
 高校生にもなっておねしょなんて、情けない……
 私は朝から、それこそ今の布団のように湿っぽい気分になってしまいました。

 どういう訳か、私はその……おシモが弱いようなのです。おねしょをしたのだって、今日が初めてではありません。
 寝る前におトイレに行っても、水分をなるべく取らないようにしても、何故か一向に良くなりません。
 だから、ときどき大人用の吸水パンツを付けているのですが、格好悪いし情けないので、しないときもあります。
 ですがそう言うときに限って、何かの拍子にちょっと漏れちゃったり、寝るとおねしょをするのです。
 特に最近は多いのです。布団類は、親には内緒で、帰ってから自分で洗濯しています。

・  ・  ・

「なんなの、このあいだの英語のテスト! あんな点数じゃ、この先やっていけないわよ! これからの社会は英語が絶対に……」

 その日の晩、もう日課みたいになっているおかあさんのお小言が始まった。

 ……同じ事を何度も何度も……
 ……一生懸命やってるのに、どうしてそんな事言うの?
 ……もっとがんばれって、どういう風に?
 ……わかんないよ……わかんない。

 あーあ……帰りたいなぁ……

 ………え?
 「帰る」って、どこへ?
 今の言葉、……私?
 言ったような……言ってないような。
 変だなぁ、疲れてるのかな?

 寝室へ帰ってからも、さっきの言葉が気になって仕方有りませんでした。
「帰りたい……? どこへ……?」
 何度も何度も反すうしてみましたが、わかりません。
 勉強をしようとしても、その言葉が頭の中をぐるぐる回って、手につきません。
 きっと疲れているんだ、そう言い聞かせてその日は早々に眠ることにしました。

つづく

タイトルとURLをコピーしました