コレクション・ハウスの夜

「いってきまーす」
小柄な体に、長いストレートの髪をなびかせ、溌剌とした声で家を出る。
いつもと同じように思える朝。しかし、今日の久美子は朝からひどい倦怠感に襲われていた。特に何か悩みがあるわけでもない。体の調子が悪いわけでもない。ただ、純粋に、日々の暮らし―即ち会社勤め―が嫌なのだ。こんな日は、思いきり怠惰に時間を過ごしたい気分になる。しかし、親と同居している手前、仮病を使って休むというのはそう使えない。ではどうするか。
それは、いつもと変わらないように朝出かけ、会社には行かずに、ひたすら街中をぶらぶらし、夕方に家に戻るのである。
喫茶店のはしごをするのも良いし、映画館で粘っても良い。思い切って少し遠出をしてみることもある。勿論、あらかじめ会社の方には家から電話で休む旨を伝えておく。そのままの声だとまずいので、出来るだけ病気らしい声で話す。
更に加えて念のために、自分の部屋から携帯電話で掛けるのだ。高校を卒業して四年、初めのうちは五月病で魔がさした程度だった。しかし、毎日の単調な作業に飽き飽きしている事と、翌日の同僚達の心配そうな顔と、何気ない気遣いが、久美子を病みつきにさせた。
今では、『あの子は体が丈夫じゃないから、無理強いはよそう』という雰囲気ができあがっている。
その、自分に向けられた空気を味わうことがまた、久美子にはたまらなく楽しかった。
しかしさすがに、そう頻繁に休むと不審に思われるので、せいぜい月に一度位しか出来ないのであるが。

かくして、その日も『休日』にした久美子は、会社の人間に会うのを避けるため、いつもの通勤路から外れ、あてなくぶらぶらし始めた・・・・・・

そして夕方、日も暮れかかる黄昏時。
勤めを終えたサラリーマンの波が、駅から押し寄せてくる。
その一様に疲れた顔を、流れの外から見て久美子はいつも、
『あーあ、可哀想に』
と、嘲笑混じりで見つめるのだ。
それは、傍目にとても残酷で、本人には、とても楽しい一時だった。

駅前では、相変わらず、何処から湧いて出たのか派手な色の髪をした若者が、テレクラのティッシュを配ったり、勤め帰りの一杯を当て込んで、居酒屋の店員が店のチラシを配ったりしている。
関係ないや、と素通りしようとしたときである。
「お嬢さん…」
と、後ろから声がした。
(勧誘ならお断りよ!)
そう態度で示し、久美子は歩を進めようとした。すると
「お嬢さん」
もう一度声がして、見ると、いつの間にか目の前に人が立っている。
「はぁ?!」
久美子は思わず素っ頓狂な声を上げてしまった。無理もない。彼女を呼び止め、今目の前に立っている男の出で立ちは…かなり大柄な身の丈を覆う黒いマントに、同じ色の、肩まで隠れるとがった頭巾…そう、工事現場に置いて有るコーンのような…あるいは、物語に見る、黒魔術を行う人間の被るような…そんな頭巾。目の部分は空いているが、そこから中の顔を伺うことは出来ない。
普通、こんな格好で街中を歩いていたら、間違いなく警官に職務質問されるだろう。しかし、警官はおろか、道行く人も全く気に留めていない。

久美子が呆気にとられてぽかんとしていると、三度男の声がした。
「お嬢さん、これをどうぞ…」
そう言って、おもむろに一枚のチラシを差し出した。
その手を無視する事もできたのだが、何故か素直に受け取ってしまった。
B5サイズの赤い紙には、銀のインクでこう書かれていた。

『罪深き貴女へ…コレクション・ハウスへようこそ!』

チラシには、その文字しかなかった。
他のチラシに見られるような要素は一切無く、ただ、その一言だけであった。
「なによこれ?!」
チラシに目を落としていた久美子だったが、男に投げかけた言葉は、結局宙に浮いたままになった。再び顔を上げたときには、その男の姿は無かったのである。

「もうっ! 訳わかんないなぁ!」
腹立ち紛れにそのチラシをくしゃくしゃと丸め、久美子はそれを、道ばたに思いきり投げつけた。

そろそろ家に帰るかと、道を急ぎ始めるうちに、久美子はチラシの事など忘れてしまっていた。しかし、家までもう少しという所で、ふと、何か道の風景が違っているかのような印象を受けた。
「…?」
殆ど同じ道だが…良く見ると、前はコイン駐車場があった場所に、建物が出来ている。
西洋の田舎風の一軒家を思わせる造りで、窓にはステンドグラスが飾られている。全体としては美しいのだが、自分が今立っている辺りには、そぐわない風貌である。
喫茶店か何かだろうと思って、前を通り過ぎようとしたときである。扉の上に掲げられた看板の文字が目に入った。

『Correction House』

その文字が視野に入った瞬間、久美子は、はたりと足を止めてしまった。
妙に気になって、ふらふらと扉の方に歩いていく。
…建物の前までやってくると、異様な圧迫感を感じた。しかし、何故か気になる。窓のステンドグラスから中を窺おうとしたが、何も見えない。
(ぎぎぃぃ…)
木で出来ているようで、やけに重い扉を開け、中をのぞき込む。…真っ暗だ。
良く見ると、階段が下の方に伸びている。ひゅぅっ…と、冷たい風が下から通ってくる。
「・・・・・・・・」
(こつっ…こつっ…こつっ…)
引き寄せられるように、久美子は階段を一歩踏み出した。
長い。降りても降りても下の階にたどり着かない。振り向くと、入ってきた入り口の扉も既に見えない。都会の真ん中にこんな地下が…?
そんな疑問も、やがてけし飛ぶほど、その階段は長かった。
「はぁ…はぁ…はぁ…」
どのぐらい降りたか解らないが、とうとう疲れはてて段の途中に座り込んでしまった。
額に滲む汗を手で拭い、ふと、前を見たときである。
目の前に、扉があった。
(ごくり)
意を決してドアの取っ手を引き、久美子は中に入っていった。
入り口の扉と同じく、重い扉が音を立てて開いた。
…ぬるり、とした温かい空気が充満している。壁はレンガ、床は板張りらしい。
歩く度にギシギシと音がする。壁には幾本ものロウソクがあり、仄かな明かりを供している。しかし、数歩先までしか見えず、部屋の全体がどうなっているのかは解らない。が、かなり広いようではある。
どうなってするのか訝しんでいると、不意に、あの声がした。
『ようこそ…』
驚いて前を見ると、駅前で会った、黒ずくめの男が立っていた。
「あ…」
久美子が二の句を継ぐ前に、黒い男は慇懃な声で続けた。
「ようこそ、コレクション・ハウスへ。お待ちしておりました。早速、始めさせていただきたいと思います」
不思議と体の隅々まで響く様な声に、「何を?」の言葉が出てこなかった。
「では…」
黒い男は、パチン!と指を鳴らした。
すると今まで真っ暗だった部屋が急に明るくなった。
自分の前には、2,30人の男達が椅子に座っている。皆、きっちりとしたスーツを着込んではいるが、顔に亡霊のような仮面を付けていて、どんな顔なのか解らない。しかし、何よりも空恐ろしかったのは、『視線』を感じないことだった。確かに男達はそこにいる。だが、傍目に見ると人形…いや、蜃気楼か幻のような印象なのだ。
「では、これより、被告人久美子の裁判を執り行います。被告人、前へ」
黒い男が前の男達に向かって、同じように異様に通る声で言った。
(裁判? 被告人? 何これ?)
ぽかんと口を開けている久美子の両脇に、いつの間にか黒い男が二人現れ、腕をつかんでずるずると前へ引っ張っていく。凄い力だ。
殆ど抵抗らしきこともできず、久美子は男達が座っている前…ちょうど小さなステージほどの空間の中央に立たされた。
「では、これより被告人の罪状を読み上げます」
黒い男が、ひときわ高らかな声でそう言った。良く見ると、手には筒状に丸められた紙がある。しかも、何故か古めかしい。その紙が、ゆっくりと、かすかな音を立てて開かれる。男が読み上げる内容は、以下の通りであった。

『被告人・久美子の罪は以下の通り。一つ。度重なる、正当な理由無き、虚偽の欠勤。一つ。それに伴う、家族への欺瞞。一つ。同じく働く者達への、言われ無き蔑視。一つ。紙屑の不法投棄。…以上の罪により、被告人には、平手による尻叩き50回、パドルによる尻叩き50回、杖(ケイン)による尻叩き50回を申しつける』

「どなたか、御異議のある方は…?」
男は、紙に落としていた目を、ふと、前に戻した。
「異議なし!」
一斉に声が挙がる。しかし、その声には抑揚や、感情らしきものが無いように思われた。
「ちっ…ちょっと! 何言ってるのよ! 冗談じゃないわ! いきなり訳わかんないこと言わないでよ!どうして私がお尻なんて叩かれなけりゃならないの?! アタシが 何したって言うのよ? ズル休みも、親に嘘つくのも、ゴミを道に捨てるのも、みんなやってることじゃない! おかしなカッコして! アンタ達、狂ってるわ! この変態!!」
ようやく我に返った久美子は一気にまくしたて、きびすを返してそこから出ようとした。その時、彼女は一つの変化に気づいた。
…出口が、無くなっていた。
「えっ…?」
出口があったはずの壁を呆然と見つめる久美子の背中に、声が多い被さる。
「罪が又二つ…」
「罪悪感の欠如…そして」
「我々への言われ無き侮蔑…」
「罰を与えて、しかるべき…」
「罰を与えて、しかるべき…」
「罰を与えて、しかるべき…」
全く抑揚のない、芯まで冷たい群唱が、氷の矢のように背中に突き刺さる。
久美子は、壁に映る自分の影を見ながら、額に多量の冷や汗を感じていた。
気が付くと、また両脇に別の黒い男が二人現れ、両腕を抱えて久美子を強引に元いた場所に引っ張っていった。
再び視線を正面に戻したとき、群唱はピタリと止んだ。
「それでは」
何事もなかったかのように、進行役の黒い男が言い始めた。
「この罰の執行人を募ります。私の提示する始めの価値は、50からにさせていただきます」
「60」
「100」
「150」
…男達は口々に数字を口走っていく。どうやら競りのようだ。しかし、その単位が金銭なのか何なのか、久美子に考えることはできなかった。
「…300」
やがて上がったその声の後に、対抗する者はなかった。
「300。他に、ございませんか?」
「・・・・」
「では、決定とさせていただきます。どうぞ・・・・」
男の群の中から、一人、足音も立てずに前にやってくる。
「ベント・オーバー(折り曲げ)か、オーバー・ザ・ニー(膝乗せ)、どちらがよろしいですか?」
「…オーバー・ザ・ニー」
黒い男の質問に、これも抑揚のない声でぽつりと言う。
「わかりました。では…」
パチン、とまた指を鳴らすと、傍らに椅子が現れた。そして、競り落とした男がそこに座る。
「来なさい」
冷たく、有無を言わさぬ声で、男が言った。怯えるように従う。
「私の膝に、うつ伏せになるように、身を屈めなさい」
おそるおそる言うとおりにする。
…冷たい。男の膝から太股にかけて、久美子の躯が触れているはずなのに、男の躯からは体温を感じなかった。石のような…いや、もっと、死人のような感触だ。背筋を、空恐ろしさが走る。
「では、行くぞ。叩く度に数を数えなさい」
自分がどうなるのか、不安と恐怖で久美子には男の声が聞こえなかった。
「返事は?」
体の芯に突き刺さる様な冷たい一言が後頭部越しに降り注ぐ。
「はい…」
ぶるぶると小刻みに震えながら、消え入りそうな声で呟く。
「行くぞ。…一つ」
(ばふっ)
「き・・・・っ」
服の上から故、音は鈍いが痛さは同等だ。
「ひ…とつ・・・・」
奥からこみ上げる痛さに耐え、声を絞り出す。
「二つ」
(ばんっ)
「・・・・っ・・・ふた…つ・・・・」
通る音ならまだしも、どこか間の抜けた音が、その音を立てている当の久美子には、いっそ情けなかった。

いや、今現在、『尻を叩かれている』この事実が許せなかった。
久美子は子供の頃からしっかりした子供だった。悪く言えば、ませていた。大人の小言も巧く言いくるめ、あるいは有無を言わさぬ反論で、我を通してきた。そのうち、久美子の行動に口を挟む者は誰も居なくなり、遠巻きに、薄い笑みで囲むようになった。その時久美子は『勝った』と思った。自分は誰にも邪魔されない、自分が正しい。怒られるのはバカだ。そうして育ってきた。
その自分が、全く見知らぬ人間に、しかも大勢の前で、こんな情けない音を何度も立てて、尻を叩かれている。『子供』だ。
情けない! 情けない!!
定間隔で襲い来る痛みに歯を食いしばり、痛さと同時に悔し涙が床に落ちた。

「25」
「にっ…じゅう…ご・・・・・」
ようやく半分。しかし、そこで男は、はたと手を止めた。
「・・・・・・?」
(もう終わり? 50って言うのは嘘?)
久美子の甘い考えは、急に感覚が変わった下半身によって、脆くも打ち砕かれた。男は、無造作に彼女の尻をむき出しにしたのだ。
丸く形のいい尻は、赤く染まっている。
「なっ、なにすんの…ぎゃあっ!!」
(ぱぁん!!)
抗議の声を上げる間もなく、鋭い痛みが襲ってくる。
「26。…どうした。答えんのならもう一度だ。26」
(ぱぁん!)
「うぅあっ! …くっ…にじゅう・・・・ろ・・・・く…」
抗議の言葉も今の一撃で火花と散った。再び、今度は妙に澄んだ音と、悲鳴が、広い部屋の中にこだまし始めた。
「…40」
「…よ…ん・・・・・じゅう・・・・・・」
後10回。後10回だ…。真っ白になっていく頭の中で、久美子は念仏のように「あとどれだけ」を数えていた。
その方が、いくらか耐えることが出来る。長距離を走るのと同じだ、と、場違いなことも考えていた。そう、その後の他の器具による『罰』の事も忘れて。
「50」
「ごじゅう!」
思い切りの良い声で久美子は応えた。
終わった。やっと終わった・・・・・・。
ほっと息を付いていると、不意に尻に冷たい物を感じた。冷やしてくれるのかな?そんな期待をしていた事を、彼女は数瞬後に悔やんだ。
「ーーーーーっ…ご・・・・は・・・・っ」
ひゅんっ! と風を切った様な音の後のそれは、重く、固く、面積の大きいパドルでの一撃だった。瞼の裏に火花が散る。胃の中の物も衝撃で逆流するかのようだ。すっかり混乱しているところへ、あの声と、二撃目が来た。
「数えろ。もう一度初めからだ。一つ」
(ぱんっ!)
重く、乾いた音が響く。
「ぎっ…ひっ…い…ち・・・・・」
今まで全く想像し得なかった痛みに、絞り出すように応える。



膝が震える。口はだらしなく開き、涎が幾筋も糸を引いて床に滴っている。
その奥で、歯ががちがちと痙攣している。歯の根が合わない。鼻からは、水ばなが垂れている。虚ろになった目からは、あらん限りの涙が溢れ、化粧も何もぐしゃぐしゃにしている。
今や赤紫に内出血している尻は、感覚がないと言っても良い。しかし、一方で、迫り来るパドルが裂く空気の流れさえ解るほど敏感になっている。そして、涎の奥から「サンジュウハチ…ヨンジュウ…」と、譫言のように数を呟いていた。
そして、何故か久美子は、そんな自分がなぜかおかしくてたまらなくなっていた。
「50」
「あはっ…こじゅうっ! …あはは…おわったぁのぉ! おわったぁ! たぁの!!」
膝からごろりと転げ落ち、久美子は床にのたうち回りながら、自分の流した涎と涙にまみれ、何かに憑かれたように笑い出した。とにかく、何がおかしいのか解らないが、笑いがこみ上げてきて仕方なかった。
「おわりぃ! おわりぃぃっ! くすっ…うふっ…くひゃはははっ!」
しかし、その久美子の狂態を上から見ていた男は、ぱちんっと指を鳴らした。
そして、二人の黒い男がまた、久美子をかつぎ上げ、今度は壁に向かって立たせた。
久美子がもがくので、ちょうどうつ伏せに磔にするように手首を壁に押しつける。
・・・・・そして
(ぴしっ!)
「ぎゃんっ!!」
犬のような悲鳴を上げ、粘液まみれの狂った笑いが凍り付く。
音こそしないが、細いだけに衝撃が集中する器具、ケイン(杖)である。
「最後だ。数えろ。ひとつ」
(ぴしっ)
「ぎいっ! …いち・・・・」
痛さに身をよじっても、床にへたりこみたくても、壁に手首を固定されているためにそれもままならない。
(ぴしっ)
「ぐぅおろっ…に・・・・・」
喉の奥に溜まった涎が、奇妙な音を立てる。
(ぴしっ…ぴしっ…ぴしっ…)
内出血を起こした皮膚が裂け、血が滲み始めている。もう何も考えられない。
まるで魂が遊離して、自分を上から見ているようだ。なんて滑稽なんだろう。
なんて、おかしいんだろう・・・・・。
「30」
「いぎっ…ひはっ・・・・・さん…じゅう…うふ…うふふっ・・・・・きひっ! きひぃやはははっ!! あはっ! あばばぁーーーっ」
『何か』がはじけ飛び、久美子は束縛を振りほどかんばかりの力でもがき、前にも増して大声で笑い出した。
もう痛くない。だって、こんな汚い躯、私の物じゃないもの。そうよ、これは違う人の躯なのよ。
だから、痛く、ない。こんなの、私の、躯じゃ、ない。
信じられない力で暴れる久美子を、黒い男がそれ以上の力で壁に押しつける。
そして再び、(ぴしっ…ぴしっ…)と尻を打ち据える音に
「さはんじゅういちぃひひひっ・・・・にぃぃぃぃ…うぶふふふっっ…」
気が狂れたように、身をよじりながら応える女の姿があった。



「50。」
遠くで聞こえた声。そして、
(びしっ!!)
最後の渾身の一撃が、稲妻のように久美子の躯を突き抜けた。
「ぴ・・・・・・・・・・」
白目を剥き、びくり、と躯が硬直する。
「懲罰終了」
耳の奥で聞こえた声と共に、手首の戒めはなくなり、久美子は糸の切れた操り人形のように、ぐしゃり…と崩れ落ちた。


「うふ…うふふ…うふ…あは…あふははっ…」
完全に虚脱し、誰も居なくなった暗闇で一人『嗤う』久美子。
そして、虚ろな視界に、入ったときに通った階段と、その先の光が入った。出口?
「あ…あうあ・・・・」
力の入らない四肢を引きずり、彼女はずるずると這って階段を上り始めた。
「はぁ…はぁ…あ…あう・・・・?」
しかし、幾ら上っても光は近づいてこない。いや、むしろ遠ざかっている。
「あう! あうぐぉ!! えぐごぉぉぉっ!!」
どうして?! もう力が出ない。哀しみの涙を流し、彼女は叫んだ。そして、
暗闇から「あの声」が降り注ぐ。
「懲罰だ…」
「懲罰だ…」
「懲罰だ…」
流れた汗も、一気に引いて行くほどの恐怖。一番考えたくない『もしかして』が心に浮かぶ。
「あ…あ…あぁーーーーーーーっ!!」
恐怖と絶望の叫びが、暗闇にこだました…。


「あぁーーーーーっ!」
目を開ける。自分の部屋。外を見る。
朝だ。・・・・・・夢?
涙でぐしゃぐしゃになった顔を手で拭い、起きあがろうとしたときだ。
「ぎひっ!」
尻に鋭い痛みが走った。
・・・・・・・・・・・・まさか・・・・
おそるおそる起きあがり、寝間着の尻をめくって、化粧台の鏡で見てみる。
「ひ・・・・・っ!!」
確かにそこには、赤黒い内出血と、ミミズ腫れの、自分の尻があった。それからの久美子が真面目になったかというと、そうでもない。あの建物があった道は、避けて通るようになった。そして、そこでの夜のことは、時と共に記憶の奥底に埋もれ、思い出すことも少なくなった。いや、自らが埋もれさせたのかも知れない。
相変わらずズル休みはするが、頻度は少なくなった。

しかし、時々耳の奥でこんな声が聞こえるときがある。そんなときは、たとえ一時でも、真面目になろう、と自分に言い聞かせるのだ。

『コレクション・ハウスへようこそ!』

ー了