コレクション・ハウスの夜

この記事は約2分で読めます。

SMプレイではなく、『懲罰としてのスパンキング(ディシプリン・スパンキング)』に主眼を置いた作品群です。一部、スカトロ描写も含みますので、ご注意ください。

『コレクション・ハウスの夜』

あらすじ:主人公のOL久美子は、サボりの常習犯。その日も仕事に出かけるフリをして、自由気ままに過ごしていた。そんな折、ある男から奇妙なチラシを受け取る。気にも留めなかった久美子だが、通り道にいつの間にか古風な洋館が出現しており、そこへ誘われるように入っていった。中で待ち受けていたのは、久美子を「被告」と呼ぶ「裁判」だった。(読む

『神隠し~コレクション・ハウスの夜2』

あらすじ:主人公の清香(さやか)は、万引きの常習犯。主にランジェリーショップで盗んだ品物を着用しての、スカトロオナニーが何よりも好き。だがある日、「お楽しみ」のために玄関をくぐると、そこは全く違う空間になっていた。清香への「懲罰」は……?(読む

『お呪(まじな)い~コレクション・ハウスの夜3』

あらすじ:主人公の由佳は、ひどいいじめられっ子。自己防衛のために、欺瞞を全開にして日々を過ごす中、ある「復讐方法」を知る。鼻で笑う由佳だったが、試しにその通りに「おまじない」をやってみると、そこは……?(読む

『彼岸の彼方』

あらすじ:「私」は愛する恋人を裏切り、「お尻を叩かれたい」がためだけに、見知らぬ男に身を委ねてしまう。その男は冷徹で、道具のように扱われてなお、「私」は満足感を感じていた。だが、次第に男の態度が変化していき……?(読む

タイトルとURLをコピーしました