[Info] [Index] [Profile] [Works] [Novels] [Cocktail] [BLOG] [CG] [Link] [Mail Form] [DO-JIN]

入院日記(3)

三日目

 この日は朝から検査のため、起床と同時に右目にアイパッチを着けることになっていた。バンソウコウの親玉みたいな奴で、顔の四分の一ぐらいが隠れるやつだ。……遠目に見ると、『四分の一のっぺらぼう』みたいで、かなり不気味。
 そんなわけで洗顔後、ぺたりと貼る……すると……来た! やはり来た!!

ギャース!! 左目が……左目が痛ぇぇぇぇぇぇぇッ!!


 そうなのだ。入院前からそうだったのだが、片目で見ている都合で、どうも左目が極端な眼精疲労を起こすようなのだ。
 目玉にゴロゴロとした違和感が走り、頭は割れるように痛い。こうなる度に思う。

『この目玉をくりぬいて、新しいカートリッジ式の目玉が欲しい……!!』


……と。
 やはり私は入院患者なのだ。改めて認識する。
 全ての思考はこの苦痛を耐えるために費やされ、その他はストップした。
 メシに何を喰ったのかさえ覚えていない(それでも喰ったが)。

 夕方、ようやく検査。やっとアイパッチをはずせる。……やれやれ……。
 その後、家族が見舞いに訪れ、執刀医の先生から、共にオペの説明を受ける。
『部分麻酔で、目に注射』……やっぱそうだろう。しかし、今更後には引けん!! 腹をくくる。

 夜。まだ頭痛が残っている。苛立ちは募るばかりだ。
 ……さっさと眠ることにする。

 ……寝付きは……良くなかった。


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [術後]





闇飛沫へ戻る
インデックスへ戻る