[Index] [Profile] [Novels] [Cocktail] [BLOG] [CG] [Link] [Mail Form] [DO-JIN]

『私とアタシ』

1.萌芽

 私は、受験を間近に控えた女子校生です。
これからお話しするのは、私が、『変わることができた』きっかけの、不思議な体験です…………。

 私は、世間一般で言うところの『優等生』です。親や教師の言うことをよく聞き、反抗もせず、成績も良い。
『ヨクヤッタネ』
『オマエハワタシタチノタカラダヨ』
 もはや空疎な記号になり果てた、親や教師の繰り言を聞く度に、いつからか

『キュイィィ……ン』

 こんな『音』が、どこからか聞こえるようになりました。まるで、ビデオテープを一気に巻き戻し、また一気に早送りするような音が。
その度に、心のどこかがずきりと痛み、

『うふふ……』

と、誰かが私を嗤(わら)うような『声』が聞こえるのです。

 ある日のことです。図書館からの帰り道、いつもの町中を歩いていると、子供の泣き叫ぶ声が聞こえました。

 見ると、小さな女の子が、母親に連れられて歩いています。女の子の下半身に目をやると、グッショリと濡れていました。おもらしのようでした。
「あらあら……」
 私にも、そういった経験はあります。私は思いがけず昔を思い出し、ほほえましくなってしまいました。それから、心の中で少し笑って、その親子連れのそばを通り過ぎようとしたときです。

「……?!」
『キュイィィ……ン』
 また、あの音が聞こえました。
『うふふふふ……』あの声も。

 声は囁きます
『ウ ラ ヤ マ シ ク ナ イ カ イ ?』
「えっ?!」
 私は驚いて立ち止まり、辺りを見渡しました。勿論、誰も居ません。
 気持ちを落ちつけるように胸に手をやると、

 バックン!! バックン!!

 何故か心臓が早鐘のように打ち、躯(からだ)のどこかが熱くなるのを感じました。
「へ……変なの……」
 我に返った私は、訳もなく無性に恥ずかしさを感じ、足早に家に帰りました……。

 自分の部屋に入ると、どっと虚脱感が襲ってきて、私はベットに倒れ込んでしまいました。
「はあっ……はあっ……あ……あぁ…………」
 虚脱感の裏、消したと思った焚き火の中に残った火種がぷすぷすと音を立てるかのように、躯の熱さはまだ残っています。
「くっ……か……あはっ…………」
 その熱は、私を内側からじりじりとあぶり、私の息を荒げ、口のなかをからからに渇かしていきます。
『うふふ……うふふ……うふふ……』
 遠く遠く、かすかに、でもはっきりと、あの声も聞こえます。
「ひっ……ひ……きぃ…………っ!!」
 一日の疲れをいやすオアシスであるはずのベッドは、その時ばかりは砂漠の上のしんきろうでした。
 胸をかきむしる渇きの中、私は必死に考えました。

 どうしてあの子供を見てから、こんなに『渇く』のだろう?
 時折聞こえる、あの音や声は何なんだろう?

 考えれば考えるほど、喉が張り付くほどに渇き、汗が噴き出しました。答えは、いっこうに出ません。
「……………………」
 そのうち私は考え疲れ、いつの間にか眠ってしまっていました……。



 次の日。私は昨日のことを頭の片隅に無理矢理押し込め、いつもの生活を送っていました。
 あれは疲れていただけ。十分睡眠をとった今日は、大丈夫なはず。そう思っていました。

 学校から家に帰り、食事を摂った後、疲れた躯をほぐそうと、お風呂に入ろうとしました。

 服を脱ぎ、下着姿になったときです。
 また、あの音が聞こえてきました。

『キュイィィ……ン』

 そして……昨日見た、あの小さな女の子のおもらし姿が強烈にフラッシュ・バックし、声が、また聞こえてきたのです。
『やっちゃいなよ……気持ちいいよ……ほら……』
「え……?」
『やっちゃえ……やっちゃえよ……あの子みたいにさあ……』
「……う……うん……」
 不思議なことに次の瞬間、熱病にかかったか、あるいは夢遊病者のように、フラフラと下着姿のまま風呂場に入って行く自分がいました。
 そのまま、風呂場の床にぺたりととんび座りになります。
 そして、またもあの声が言いました。
『ほら、シーしちゃえ。シー……気持ちいいよぉ……』
「うっ…………」
 どきり、としました。
 普通なら考えられないことです。服も脱がずに風呂場に入り、あまつさえ風呂場で……風呂場でおしっこをするなんて。
 でも、その時の私は、その行為がとても甘美な、すばらしい行為のように思えたのです。
「ん……………………」
 下腹部に力を込め、うながします。少し抵抗がありましたが、一度出てしまうとあっけない物でした。

 シュウゥゥゥゥゥ……

 そんな音を立てて、風呂場の床に薄黄色の液体が広がり、アンモニアの臭いが立ちこめます。

 シュシュシュシュシュシュゥゥゥ……

 押し寄せる快感と奇妙な満足感の中、私はぼう然と呟きました。
「……私……シーしちゃった……高校生なのに……下着のまま……お風呂場で……私……私……あは……あはは……あは! あはははは…………!!」

 全てを出し切った後、私は笑っていました。
 普段とは違う声で。
 いえ、いつも聞こえる『あの声』で……

2.憧憬

それからしばらく経ちました。『あの日』の事をいまだにどこかで悔やみつつ、また、学校からの帰り道のことです。

 いつも通る商店街の、薬局の前に来たときです。
 ふと、店先に置いてある、紙おむつに目が止まりました。
 いつもは気にも留めないのに……
「…………?」
 不意に、尿意が襲ってきました。途中でジュースを飲んだ訳でもなく、躯が冷えたわけでもありません。家まではまだ距離があり、我慢できません。
 仕方なく、近くの公園にあるトイレに駆け込むことにしました。

 どこでもそうだとは思いますが、公園の公衆便所とは汚く、臭い物です。
 でも、贅沢は言っていられません。急いで用を足したのですが、終わった後、なんだか変な気分になりました。

 いつも嫌なはずのアンモニアの臭いが、なんだかとても甘い、懐かしいような匂いに思えてきたのです。
 そしてまた、あの音と、声が、聞こえてきました。

 キュイィィィン……

『ほぉら……懐かしいだろ? 切ないだろう? ……戻りたいだろう?』

 ドックン!! ドックン!!

 また心臓が早鐘になり、ぼうっ……と躯が熱くなりました。
 そして手が……その熱さの中心、股間へのびていきました。

 私だって、性の知識がない訳ではありません。きちんと自分の躯の仕組みも知っています。それに……一人で慰めるときだって有ります。
 でもこんなところで、こんな……公衆便所の中でなんて!
 想像するしない以前の問題です。少なくとも、『私』の考えることではありません。
 ……でもどうしようもありません。ここの匂いが、熱くなった躯が、手をせき立てるのです。

 そこに手をやると、既に熱くなっていました。手でこね回すと、いやらしい音が鳴り、また私を興奮させます。

 ……家でするときはこんなに……そう思いながら、声を押し殺し、私は行為に没頭しました。

「……………………ッ!!!!」
 達した後、余韻に浸る私は、落書きだらけの壁に向かって呟きました。
「貴女は……誰なの? ……いつも……私を……嗤う……」
 声が答えます。
『もう少ししたら、教えてあげる……うふふ……』
「いつ?」
『もうすぐ……さぁ、それよりもう少しだよ……』
「何が?」
『まあまあ……。アタシの言う通りにすれば良いんだ……』
 そして私は、おぼつかない足取りで、ふらふらと家に帰りました。両親とも、仕事で居ません。

 私は制服を脱ぎ、風呂場へ向かっていました。そして、父親のシェービングクリームとひげそりを持ち、中へ入りました。
『さぁ……大事なところを綺麗にしようね……』
 声が囁きます。
「やらなきゃ……いけないんだ」
 言われるまま、それが義務であるかのように、クリームをアソコに塗り、ひげそりを当て始めました。

 ぞっ……ぞぞっ……ぞりっ……

 今まで考えたことのないところの毛を、慎重に剃っていきます。

 ぞり……ぞりっ……ぞっ……

……全て剃り終わり、つるつるになった自分のそこを見ると、なんだか、とてもいとおしく思えました。

『そらカワイクなった。さぁ、次はお出かけだよ……』
 また、声に言われるまま、普段着に着替え、私は街へ出ました。

 気が付くと、さっきの薬局の前にいました。
「あら、いらっしゃい」
 顔馴染みの薬局のおばさんが挨拶します。
「あ……どうも」
 生返事をして、私は……紙おむつと、ベビーパウダー、そしておむつカバーを買っていました。
「おむつなんてどうしたの?」
 珍しそうにおばさんが訊きます。
「え? あ……あの……その……甥っ子が……」
 ドキッとしながら、思わず嘘をついていました。私にはきょうだいも、勿論甥などもいません。
 私はおつりを貰うのももどかしく、逃げるように家に帰り、自分の部屋に行きました。

3.回帰

 部屋に戻って気分が落ちつくと、あの声が言います。
『さぁ……服を脱いで……。生まれたままの姿になるんだ……』
「うん……」
 言われるままに、服を全て脱ぎました。
『次は、ベビーパウダーだ……』
「あぁ……」
 パタパタと下半身に粉をはたき、いよいよ……おむつです。
 どこからどう見ても、おむつです。テレビのコマーシャルで見る、まごう事なき紙おむつです。
 手に持ったまま、ごくり、と生唾を飲み込みました。そして、おそるおそる足を通します。
 少しきつかったですが、きちんと穿けました。
 カバーも着け、ゆっくり、部屋の姿見の前に立ちます。

 ……そこには、大きな赤ちゃんがいました。
 裸で、おむつだけを付けた、大きな赤ちゃんが。
 そして『キュイィィィン』というあの音が、一際大きく聞こえ……

 『私』は鏡に向かってハッキリ言いました。

『そうだ。アタシは赤ちゃんになりたかったんだ。全てを忘れ、何者にも縛られず、ただ、ただ……還りたかったんだ……そうでしょう?』

 鏡の中の『アタシ』と『私』は、静かに微笑み合いました。
 ……ずっと探していた人に会えたような、長い旅の果て、ようやく目的に辿り着いたような、照れたような……そんな微笑みでした。

 お互いに、すうっと、手を伸ばします。
 そして、両腕を肩に回し、自分自身を慈しんで抱擁するような格好になりました。
 ……そうしていると自然に、嗚咽が漏れ始めました。

「……ふっ……うぐっ……うぐっうえぇぅぐっ……ふぅっ……お……おおぉぉぉんっ…………」
 なぜだかとても悲しくて、でも嬉しくて、涙が溢れてきました。
 そう。今まで流したくても流れることを許されなかった涙が、せきを切ったように……

「うっうっうううっ……うああぁぁんっ……うがぁぁぁぁ………………ん……」

 涙が流れ尽くした頃、嗚咽はいつしか笑い声となり、そして……赤ん坊の泣き声のようになっていました。

「うふっ……うふふっ……うぶっ……うばぶっ……ばばぶぅーっだぶぅぅーーっ…………」

 ……狂気です。おむつ姿の高校生が、指をしゃぶり、赤ん坊のような声を上げながら、ベッドの上でのたうち回っているのですから……。傍目には狂気以外の何物でもないでしょう。

「あぶっ! あぶぶっ! っぎゃぁーーーっ!」

 それでも私は、このうえない幸福感と、際限のない興奮でどんどん熱くなる躯を感じていました。

「ふぎゃっ! ふぎゃうっ! んまぁぁぁむぁ!」

 奇声を上げ続け、興奮が最高潮に達した時……

「あぶうっ!!!!」

 びくんっ! と躯がのけぞり、……私は、おむつの中に思いきりおしっこをしていました。

 じょぼぼぼぼぼぼぼ…………

「はぁ……はぁ……はぁ……」
 例え様のない快感の中、狂気はそれで終わりませんでした。私はおむつを脱ぎ、顔に近づけました。
 おしっこと、もう一つの蜜で濡れたおむつ……顔に当て、思いっきり匂いをかいでみました。
 甘い、懐かしい匂い……
「んむっ……うふっ……んあぁぁんふっ……ふあぁぁん……くふうううっ……」

 オムツを顔に当てたまま、ベッドでもがき回るように、私はオナニーをしていました。

 自分のオシッコを顔に擦り付けるようにオムツを当て、ドロドロになったアソコをいじり尽くし、数え切れないほど達し、狂気の宴は終わることなく続きました………………。



「でさぁ、……なのよぉ」
「えーっホントにぃ?」
「やっだーそれってサイテーって感じぃー」

 クラスメイトが猥談をしています。
 私はそういう話には加わらないので、全く疎いと思われている様です。

 でも、違うのです。
 あれから私は、ときどき学校にオムツを穿いてきています。
 そして、参考書を読んでいるふりをしながら、少しずつおもらしをしていくことに、たまらない快感を覚えるようになったのです。

 あの音と声は、体面ばかり気にしていた『私』の、「こうありたいのに」という本音だったのかも知れません。
 今、私は何か肩の荷が下りた気がして、とてもすがすがしい気分です。

 ……あなたにも聞こえませんか?
 ……人生を『巻き戻し』てみたいとき
 ……あの……音が…………

 ほら………………

キュィイイイ……ン
―了